Visual Studio 2017のインストール手順

このページでは、マイクロソフトのソフトウェア開発環境『Visual Studio 2017 Community』をインストールするための手順をご紹介します。この開発環境は、条件付ですが、無料で使用することができます。Communityエディションについてはこちらに詳しい説明があります。

 

Visual Studioインストーラーをダウンロードする

f:id:Chiakikun:20180525000927p:plain

Visual Studioダウンロードページの、赤丸の部分を選択します。

 

f:id:Chiakikun:20180526125403p:plain

ファイルを保存します。

 

ダウンロードしたインストーラーを実行する

f:id:Chiakikun:20180526125511p:plain

ダウンロードしたファイルを開きます。

 

f:id:Chiakikun:20180526130542p:plain

f:id:Chiakikun:20180526132519p:plain

インストーラーを実行します。

 

f:id:Chiakikun:20180526132534p:plain

インストールの準備をしています。ネットの速度によっては時間がかかるかもしれません。しばらく待っていて下さい。

 

f:id:Chiakikun:20180526132550p:plain

私はC#というプログラミング言語を使いたかったので、赤丸で囲った部分の『.NETデスクトップ開発』を選択しました。インストールボタンをクリックします。

 

f:id:Chiakikun:20180526142550p:plain

インストールが無事完了すると、サインインのダイアログが出ます。ここでは『後で』を選択しました。

 

Visual Studioを使ってみる

f:id:Chiakikun:20180526132621p:plain

テーマを選択します。特にこだわりは無いので、私はそのままVisualStudioの開始ボタンをクリックしました。

 

f:id:Chiakikun:20180526132645p:plain

VisualStudioが起動しました。

 

f:id:Chiakikun:20180526132703p:plain

動作確認のため、簡単なプログラムを作成してみます。メニューからプロジェクトを新規作成します。

 

f:id:Chiakikun:20180526132717p:plain

プログラミング言語C#を使ってみます。プロジェクトの場所はD:\sampleに変更しました。通常はそのままでも良いと思います。

 

f:id:Chiakikun:20180526143249p:plain

開発画面にフォームだけが表示されています。このフォームにボタンを貼り付けてみます。赤丸部分の『ツールボックス』をクリックします。

 

f:id:Chiakikun:20180526143349p:plain

『Button』を選択したら、フォームの適当な場所をクリックします。すると、ボタンがフォームに貼り付けられます。

 

f:id:Chiakikun:20180526132837p:plain

貼り付けたボタンをダブルクリックすると、ソースコードが表示されます。

 

f:id:Chiakikun:20180526132920p:plain

testと書かれたメッセージボックスを表示させるために、赤丸部分に「MessageBox.show("test");」と入力して、F5キーを押します。

 

f:id:Chiakikun:20180526144327p:plain

問題無ければ、ボタンが一つのフォームが表示されます。ボタンをクリックします。

 

f:id:Chiakikun:20180526133002p:plain

testと書かれたメッセージボックスが表示されましたでしょうか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。