Pythonで国土地理院の数値標高モデルをAsciiGridに変換するプログラム

f:id:Chiakikun:20180512175722j:plain

 国土地理院の数値標高モデルをAsciiGridに変換するプログラムをPythonで作成しました。GeoTiffに変換するツールは既に良いものがあるのですが、私はGeoTiffよりもAsciiGridの方が扱いやすいと感じているので、自分で変換するプログラムを作ってみました。機会がありましたら、使ってみてください。

プログラム作成にあたり、「PythonでJPGIS(GML)形式DEMをGeotiffファイルに変換(https://tm23forest.com/contents/python-jpgis-gml-dem-geotiff)」や、
GIS奮闘記(http://sanvarie.hatenablog.com/entry/2016/01/10/163027)」を参考に作成しました。皆様に感謝いたします。

f:id:Chiakikun:20180908171145p:plain

https://github.com/Chiakikun/JPGIStoAsciiGridからプログラムをダウンロードして下さい。上の赤丸部分を押下した後に出てくる、下の赤丸部分からダウンロードできます。

 

f:id:Chiakikun:20180908170252p:plain

②ダウンロードしたzipファイルを解凍し、Powershellを起動して、解凍後のフォルダに移動します。移動したら「python main.py」と入力します。

 

f:id:Chiakikun:20180908171746p:plain

③プログラムが起動します。上の赤丸ボタンを押下すると、フォルダ選択ダイアログが表示されるので、国土地理院からダウンロードした数値標高モデルのxmlが圧縮されているzipファイルの格納先フォルダを選択します。選択したらOKボタンを押します。

 

f:id:Chiakikun:20180908171458p:plain

④zipの格納先フォルダです。

  

f:id:Chiakikun:20180908172018p:plain

 ⑤処理に少し時間がかかります。「終了しました」とメッセージが表示されたら終了です。

 

f:id:Chiakikun:20180908172200p:plain

⑥変換されたAsciiGridファイルは、zipファイルと同じフォルダに格納されています。出来上がったgrdファイルをQGISにドラッグしてみて下さい。

 

 

f:id:Chiakikun:20180908172333p:plain

⑦変換されたgrdファイルが表示されます。

 

f:id:Chiakikun:20180908172418p:plain

地理院地図の上に重ねてみました。下の地図が見やすくなるように、少し透かしてあります。

 

お疲れさまでした。