QGISでジオリファレンス


ジオリファレンス

 QGISでジオリファレンスをしてみたので、その手順を紹介します。マップのベクタデータは国土数値情報ダウンロードサービスから、画像は白地図専門店様で無料提供されている画像を使用しました。

f:id:Chiakikun:20191211001633p:plain

マップ

f:id:Chiakikun:20191211001653p:plain

画像

ジオリファレンサを起動する

f:id:Chiakikun:20191211002230p:plain

メニューの『ラスタ』→『ジオリファレンサ』を選択します。

画像を開く

f:id:Chiakikun:20191211002310p:plain

 ジオリファレンサウィンドウが表示されます。『ラスタを開く』アイコンを押下するとファイル選択ダイアログが表示されるので、画像ファイルを選択します。すると...

 

f:id:Chiakikun:20191211002350p:plain

ジオリファレンサウィンドウに選択した画像が表示されます。

 

ポイントを追加する

f:id:Chiakikun:20191211002520p:plain

位置合わせをするためにマップと画像にポイントを置いていきます。『ポイントの追加』アイコンを押下します。

画像に点を置く

f:id:Chiakikun:20191211002553p:plain

マップの適当な箇所をクリックすると...

地図座標の入力ダイアログ

f:id:Chiakikun:20191211002654p:plain

地図座標の入力ダイアログが表示されるので、『キャンバスから』ボタンを押下します。

マップに点を置く

f:id:Chiakikun:20191211003013p:plain

マップが前面に表示されるので、画像のクリックした箇所に対応するマップの位置をクリックします。すると...

 

座標が入力される

f:id:Chiakikun:20191211003056p:plain

地図座標の入力ダイアログに座標が入力された状態で前面に表示されます。これで良ければ『OK』ボタンを押下します。

ジオリファレンサウィンドウとマップにポイントが表示される

f:id:Chiakikun:20191211003144p:plain

マップと画像のクリックした場所にポイントが置かれます。この作業を他の箇所で何回か行います。

保存先、変換方法の設定

f:id:Chiakikun:20191211003236p:plain

まだ何も設定していない状態で『ジオリファレンスの開始』アイコンを押下すると、下のダイアログが表示されます。

f:id:Chiakikun:20191211003527p:plain

ここで位置合わせ後の画像の保存先や変換方法を設定します。

 

マップに画像が表示される

f:id:Chiakikun:20191211003851p:plain

もう一度『ジオリファレンスの開始』アイコンを押下すると、マップに画像が表示されます。画像レイヤを少し透明にすると、下のベクタが表示されるので、ずれが確認できると思います。

微調整したいとき

f:id:Chiakikun:20191211003932p:plain


まだ少しずれている箇所があるので...

f:id:Chiakikun:20191211004027p:plain

ポイントを追加した後、『ジオリファレンスの開始』アイコンを押下すると...

 

f:id:Chiakikun:20191211004217p:plain

少し位置が合いました



結果

f:id:Chiakikun:20191211004351p:plain

最終的に8個ほどポイントを置き、上記のような感じになりました。位置合わせした画像はTiffで保存されています。



お疲れさまでした。