QGIS3 VisualStudioでPythonを使うための設定手順

 「QGIS3 Pythonプログラミングのための設定」のページでは、QGISをインストールした環境でPythonプログラミングするための設定をしました。この環境でもプログラミングは可能ですが、より開発が楽になるように、VisualStudioを設定していきます。VisualStudioのインストールについてはこちらをご覧ください。

chiakikun.hatenadiary.com

 

VisualStudioにPython開発環境をインストールする

f:id:Chiakikun:20180624144801p:plain

VisualStudioを起動して、メニューの『ファイル』→『新規作成』→『プロジェクト』を選択して下さい。

 

f:id:Chiakikun:20180825123007p:plain

赤丸部分の『Visual Studio インストーラーを開く』をクリックします。インストーラーが起動するので、しばらくお待ちください。

 

f:id:Chiakikun:20180825123053p:plain

少し下にスクロールすると、『Python 開発』がありますので、選択して下さい。

 

f:id:Chiakikun:20180825123112p:plain

 

f:id:Chiakikun:20180624145425p:plain

今回はQGISのインストール時に付属しているPythonを使いたいので、オプションの赤丸部分の選択は全て解除します。解除したら、『変更』ボタンを押してください。

 

f:id:Chiakikun:20180825123315p:plain

このまま進めていくと、以下のようなダイアログが出てくると思います。この場合、最初に立ち上げたVisualStudioを閉じてから、ダイアログの『続行』ボタンを押します。

 

f:id:Chiakikun:20180624145830p:plain

VisualStudioでPythonを使うために必要な機能がインストールされました。

QGISPythonを使えるように設定する

f:id:Chiakikun:20180825123448p:plain

インストールが終わったら、VisualStudioを起動します。

 

f:id:Chiakikun:20180825123511p:plain

新規にプロジェクトを作成します。すると...

 

f:id:Chiakikun:20180624150424p:plain

インストール済みの項目にPythonが追加されています。『Python アプリケーション』を選択して下さい。

 

f:id:Chiakikun:20180825123605p:plain

f:id:Chiakikun:20180825123748p:plain

『ソリューション エクスプローラー』を表示すると『Python 環境』があるので、右クリックして、『すべてのPython環境を表示』を選択して下さい。

 

f:id:Chiakikun:20180825123809p:plain

『カスタム』を選択すると赤丸部分が表示されるので、以下のように設定します。もしQGIS3.2をお使いの場合は「QGIS 3.0」を「QGIS 3.2」として下さい。

説明

QGIS Python

プレフィックスパス
C:\Program Files\QGIS 3.0\apps\Python36;C:\Program Files\QGIS 3.0\apps\Python36\Scripts
インタープリターパス
C:\Program Files\QGIS 3.0\apps\Python36\python.exe
ウィンドウ表示のインタープリタ
C:\Program Files\QGIS 3.0\apps\Python36\pythonw.exe

言語バージョン

3.6

アーキテクチャ

私は64-bitとしました。人によっては32bitかもしれません。

 

f:id:Chiakikun:20180825123948p:plain

設定したら、忘れずに『適用』をクリックして下さい。

 

簡単なプログラムをデバッグしてみる

f:id:Chiakikun:20180825124007p:plain

正しく設定されたか試してみます。以下のソースを入力して、一行目でF9キーを押して、ブレークポイントを設定します。

a = 15
b = 20
ans = a + b
print(ans)

 

f:id:Chiakikun:20180825124026p:plain

F5キーを押して、デバッグしてみます。F10キーでステップ実行していくと、値が変数に入っている様子が表示されます。

 

 

f:id:Chiakikun:20180624151800p:plain

デバッグ時にタスクバーにアイコンが一つ追加されています。これはPyhonの実行結果を表示しているコマンドプロンプトです。

 

f:id:Chiakikun:20180624152008p:plain

print関数の実行結果が表示されています。

お疲れ様でした。